オルソケラトロジーレンズ オルソケラトロジー導入しました。新しい近視治療です。 多焦点眼内レンズ 老眼や乱視を治そう! 神戸新聞 神戸新聞で、当院が紹介されました。 垂水区健康セミナー たるみ健康セミナーで、 白内障手術の最新潮流 を講演しました。

測定ユニット

測定ユニット
  • 場所を移動せずに、屈折度、視力、眼圧を測定することができます。
  • 5メートル視力測定表も2系統設置しています。

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計
  • 緑内障視野測定装置のゴールデンスタンダードです。
  • 当院では緑内障視野進行解析(GPA)ソフトも導入し、予後判定に役立てております。

FDT視野計

FDT視野計
  • 日本人の緑内障有病率は7%前後です(多治見スタディ、平成12年9月~平成13年10月)
  • FDT視野計は通常の視野計よりも早期に、緑内障を発見することができます。

OCT(光干渉断層計)

OCT
  • 眼底に弱い赤外線を当て、反射して戻ってきた波を解析して、
  • 視神経や網膜の断層を三次元的に撮影する装置です。
  • 緑内障の視神経繊維の状態、予後評価、加齢黄斑変性症や黄斑浮腫、黄斑円孔などの黄斑部疾患の診断に役立ちます。

IOLマスター

IOLMaster
  • 白内障手術の眼内レンズ度数を決定する装置です。
  • 従来の超音波を用いる装置と違って、レーザー光による測定を行います。
  • そのためより正確手精密な測定が可能となっています。

角膜内皮測定装置

Specular
  • 角膜の一番内側にある細胞の数を測定する装置です。
  • 白内障手術を安全に施行できるか、どんな術式をとるべきかの判断に用います。
  • 術後の角膜の状態を評価する目的でも有用です。

レーザー装置

Laser
  • 糖尿病網膜症、黄斑疾患、緑内障の治療を行います。

YAGレーザー装置

YAG
  • 白内障手術後の後発白内障の治療に用います。

インフィニティ

Inifiniti
  • アルコン社の最新鋭の白内障手術機械です。世界の一流サージャンに採用されている機種です。
  • 当院では、インフィニティだけがもつ洗練されたIPテクノロジー、AquaLace技術を採用しています。
  • 殆どの手術をTorsional(横振動)発振で施行しており、術後早期のリカバリーが可能となっています。

コンピュータサーバー

Servers
  • 当院のback officeを支えるサーバー群です。
  • 物理サーバー6台、仮想サーバー6台(VMWare ESXi3.5 5.0)で運用しています。
  • 患者さん毎の治療計画を、各患者さんのデータに基づき並列処理させています。
  • 運用会社:アイドクター
 
↑ この頁のトップへ